【英語でなんて言う?】美味しい good tasteとtaste goodの違い

こんにちは。

英語コーチ 川口優子です。

「○○は美味しい」
と言いたい時、
どちらが正しいでしょうか?↓

① ○○ is good taste.
② ○○ tastes good.

②が正解です。
①の「○○ is good taste.」
は、言わないのです。

確かに、tasteは味という名詞があるのですが、
good tasteと言うと
「センスがいい」
という別の意味になるんです。

You have good taste in clothes.
服のセンスいいですね。

You have good taste in music.
音楽のセンスいいね。

こんな風に、
good tasteは、
「センスがいい」
という意味になります。

それでは、
「美味しい」
は、どのように言うのか

It tastes good.

と、tasteを動詞として使うんです。

The steak tastes good.🥩
You should try some!

このステーキ美味しいよ。
食べてみて!

「美味しい」は、
さらにシンプルな表現で
表現できます。

The steak is delicious.
The sushi is good.
This pasta is great.
The ice cream is nice.
It’s tasty.
It’s yummy.

deliciousやgoodの前に、
「so」、「really」、「very」を入れると
「とても」、「すごく」
と、強調できます。

It’s so delicious!
It’s really good!
すごく美味しいよ!

では、また!!

You Only Live Once!

人生一度きり

質問、相談は随時受け付けております。
お気軽にどうぞ^^

英語コーチングという勉強方法にご興味ある方はこちら↓
「英語コーチングとは?」へGo!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください