255点UP! TOEICで600点にした単語の勉強方法とは?

こんにちは。

英語コーチ 川口優子です。

今日は、TOEICで4カ月弱で
255点以上アップした

クライアントさんの
最終セッションでした。

395点⇒現在650点!

「こんなに成果が上がるとは
思わなかった。」

と仰っていましたが、

3ヶ月間の
継続の賜物です。

これは、間違いありません。

これからもTOEIC受け続け
700点、そして最終的には
850点目指すとのこと。

クライアントさんのように
目標を手に入れるのに
英語は、1年~2年と
長く勉強すればいいってっもの
ではないのです。

需要なのは、
その人に合った勉強法で
3ヶ月間集中して、

確実に英語力を大きく
伸ばしていく
ことが大事なんです。

そこで、
650点のクライアントさんが
今後どのように学習していったらよいのか
ということをセッションで話し合いました。

TOEIC600点台の皆さんにも
お役に立つことがあるかもしれません。

単語の強化

TOEICで600点台は
まだまだ単語力が不足しています。

語彙は、TOEICのスコアアップの
土台になります。

単語が増えると
リスニングが聞き取れる
ようになるし

文法やリーディングのスコアも
アップします。

語彙力は全てにつながっています。

実際に生徒さん曰く、

「語彙力が上がると、
リーディングの理解度も
上がりました。

以前読んだときは、
単語が分からずに
スルーしていた文も、

こんなことが書いてあったんだー

と新たな発見を感じながら
読んでます。🤗 」

ですと!
学習した単語が、
実際のTOEICの問題とリンクして、
実感しているのがいいですね。

TOEICの勉強で
「単語集を勉強しています。」
という方は、

一度サーっとやるだけでなく、
繰り返しやってほしいです。

なぜなら
1回やったくらいでは、
定着しません。

忘れるのが当たり前
が前提なのです。

目安は、
5回繰り返しやって
やっとうっすら覚えている
くらいです。

くり返しやるのを
当たり前にすることです。

単語帳を作らない!

TOEICに単語帳は不要です。

単語帳を作るということは、
書くという作業。

よく
「書いて覚える」

と言いますが、
TOEICの問題形式は
すべて選択問題です。

書く作業を省くことで
問題を解くことに
集中できます。

参考書や問題集で出会う
知らない問題をいちいち
書き出して
辞書で調べる
という作業は、
時間と労力がかかりすぎます。

問題を解く時間よりも
単語帳を作る時間が多く
負担になります。

単語を
書くのではなく

目と耳で覚えることに集中する

です。

やるのは、
単語本だけ。

コツは、
1つの単語を時間をかけて覚える
のではなく、

30個~100個など
ある程度まとめて
一気に続けて
読んだり聞いたりして
覚える

というやり方です。

そして
単語本を最後まで終えたら
初めに戻って
最初から最後まで

一気にやるを
繰り返す。

一定のリズムで
短時間で何周も
繰り返せるわけです。

網羅的に単語を覚える
やり方にすると、
問題を解いているときに

「見たことがある!」

単語に出くわす頻度が多くなります。

何度も出くわし、
思い出すことで
次第に定着していくのです。

繰り返しますが、
「思い出す」
ことが、定着をするのに大事なんです。

クライアントさんの場合、
毎回のセッションで
単語テストもしました。

そうすると、
「覚えなきゃ!」
という緊張感が生まれますし、
自分で勉強したことが
覚えているかの復習にもなります。

思い出した回数が
定着します。

TOEICは、知っている語彙数に比例して、
スコアがアップしますので、
ぜひ頑張ってください。

長くなりましたので、本日はここまでにしますね。
次回に続きます。

では、また!!

You Only Live Once!

人生一度きり

質問、相談は随時受け付けております。
お気軽にどうぞ^^

======

「具体的に英語学習について知りたい
という方に向けて濃いメールを書いています!

川口優子のプレミアムメルマガ

英語コーチングという勉強方法にご興味ある方はこちら↓
「英語コーチングとは?」へGo!

お知らせ

英語初心者向けイベントを開催します!
よろしければ、ぜひ↓↓
初心者&女性限定★めんどくさい暗記不要! 90分で英語が話せる魔法の英会話レッスン♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください