【ビジネス英会話】英語では「すみません」ではなく「ありがとう」 英文メール

こんにちは。

英語コーチ 川口優子です。

突然、
外国人のお客様と
取引をすることになった
クライアントさんは
社会保険労務士さん。

その日から
英文メールと格闘しています。

今回は、お客様に依頼をするときの
フレーズをお伝えします。

【ビジネス英会話】英語では「すみません」ではなく「ありがとう」 英文メール

何かの依頼をするとき、
日本語では、
「お手数をおかけして申し訳ありません」
と言いますよね。

そのまま直訳すると、
We are sorry ~
となります。

でも、英文メールでは、
sorryは使わず、
Thank you と表現するように
心がけるとよいです。

例えば、
お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、
お見積書を送っていただけますでしょうか。

(言い換え)
お見積書を送っていただけますと幸いです。
Could you send me the quote?
Thank you for your cooperation.
quote(見積書)

Could you ~(~していただけませんか?)
は、相手に丁寧な印象を与えられますので
便利なフレーズです。

Could you ~の後に、
Thank you.
を加えて、1セットで覚えると、
いろんな場面で
応用できます。

Could you send me the items by the end of October?
Thank you for your cooperation.
10月末までに商品を送っていただけますと幸いです。

また、
日本語では、
「お見積書を送っていただけますと幸いです。」
と1文で言い表しましたが、

英語は、

①Could you ~?(相手への依頼)
②Thank you~。(感謝の気持ち)

と2文に分けました。

こんな風に、
英語にするとき、
文を短く区切ることも
相手に伝わりやすくなります。

英文は、
シンプルで簡潔な方が
分かりやすく、
相手に伝わります。

私の失敗談、
エグゼクティブの秘書
をしていた時の話です。

新しい職場で
初めて任された仕事が
英文メールを書くことでした。

一文が長ーい文章を
書いたところ、

「何を言っているのか
分からない」

と、言われてしまい、
へこみました。

日々の業務で使う
英語は、
シンプルで
簡潔が一番
と、学びました。

Please ~は、押しつけがまくなることも…

日本の英語教育では、
Please ~は、丁寧な言い方
と習いましたよね。

でも、Pleaseは、
もともとは、[命令文]という単元の中で学んだはずです。

なので、
Please ~を使い過ぎると、
押しつけがましく伝わる可能性もあります。

頻度としては、
3回に1回くらいを目安にすると
良いです。🤗

依頼フレーズ 上級編

依頼フレーズの上級編です。

Could you ~の言い方に慣れたら
他の依頼フレーズも覚えておくと便利です。

Could you ~の部分を、

・It would be great if you could ~
・We would appreciate it if you could ~

と置き換えるだけです。😃

It would be great if you could send me the quote.
お見積書を送っていただけますと幸いです。

We would appreciate it if you could send me the quote.
お見積書を送っていただけますと幸いです。

こんな風に、慣れてきたら
言い換え可能なフレーズも
少しずつ増やしていくと
いいですね。

ビジネス英語に関する他の記事はこちら↓
英文メールが上手く書けない!の不安からやっと逃れられます。

 

では、また!!

You Only Live Once!

人生一度きり

質問、相談は随時受け付けております。
お気軽にどうぞ^^

======

「具体的に英語学習について知りたい
という方に向けて濃いメールを書いています!

川口優子のプレミアムメルマガ

英語コーチングという勉強方法にご興味ある方はこちら↓
「英語コーチングとは?」へGo!

お知らせ

英語初心者向けイベントを開催します!
よろしければ、ぜひ↓↓
初心者&女性限定★めんどくさい暗記不要! 90分で英語が話せる魔法の英会話レッスン♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください